プロミス

プロミスでとにかく早くに借りたい

プロミスでの早い借り入れのためにはネット申し込み後の契約機の利用が優れており、平日でも土日でも契約機なら最短即日でのカード発行も可能となるために急な出費時に助かります。

 

すぐにでも現金が必要な場合には来店不要の銀行振り込み融資よりも契約機での手続きの方が良いので、急ぎで借りたい方は身近な場所にあるプロミスの契約機を確認しておきましょう。

 

プロミスはプロミス契約機の他に、三井住友銀行のローン契約機でも手続きが行えます。プロミスの契約機だけでも多くの設置数がありますが、加えて三井住友銀行のローン契約機も利用できるとなると、トータルでの設置数は大手消費者金融の中でも多いと言えます。

 

広い地域で多くの場所でプロミスカードの発行までの契約が行えるため、契約機を利用する素早い手続きと借り入れであれば、消費者金融の中でもプロミスが人気となるのも納得なのです。

 

まずはネットで申し込み

各地の店舗や契約機を利用したカードの発行を受けるとしても、申し込み自体はネットで進めておくと良いです。プロミスはネットでの申し込み後に契約機を利用したカード発行の契約手続きが行えるようになっているので、まずは手間のかからないネットでの申し込みから進めておくと無駄がありません。

 

契約機まで行っての申し込みももちろん可能ではあるのですが、各地に設置の契約機まで行って申し込みを行ったにも関わらず、審査落ちとなってしまうとどうにもなりません。申し込みをしてみないことにはプロミスの審査に通過ができるかが分からないので、無駄足となる可能性がある契約機での申し込みではなく、ネットでのプロミス公式サイトからの申し込みの方が良いのです。

 

審査結果に左右されない

ネットでの申し込みであれば仮に審査落ちとなってしまうとしても、メールなどでの連絡が来るだけです。申し込みのためにどこかに行く必要もなく結果が分かるので、無駄な手間もなく申し込みから審査まで進められます。

 

プロミスの審査に通過ができた場合も、その後の空いている時間に契約機まで行けば良いだけです。何も申し込み直後、審査回答直後に契約機まで行かなければならないわけではないので、例えば朝や昼間にスマートフォンから申し込みを進めておき、メールなどで届く審査結果を見てから夕方や夜の営業時間内に契約機まで行くことも可能です。

 

ネットでの申し込みであれば審査の待ち時間も自由に過ごせるので、審査結果をじっとその場で待つ必要もありません。審査に通過ができた場合もできなかった場合も、ネット申し込みなら結果に左右されずに時間や手間を無駄にせずに済むのです。

 

契約機を使わない借り入れも可能

ネット申し込み後に契約機を使わず、来店不要での借り入れを行うこともプロミスでは可能となっています。来店不要での借り入れとなるとWeb契約による銀行振り込みとなるため、通常の振り込みであれば平日の銀行営業日の対応に限られてしまいます。

 

また、当日中の振り込みを希望される場合には平日14時までのWeb契約完了が条件となるため、曜日や時間によってはその日のうちに借りられない可能性があります。

 

プロミス独自のサービスとなる「瞬フリ」を利用するのであれば、22時までの口座登録後は時間や曜日を問わずに最短10秒振り込みも可能となります。しかし、対応する金融機関がジャパンネット銀行か三井住友銀行に限られてしまうため、口座を持っていない場合や振り込み融資の利用先としての口座にしたくない場合には瞬フリによる早い振り込みは利用ができません。

 

来店不要で借りられるのはたしかに便利ではあるのですが、当日中の借り入れとなると制限が厳しくなってしまいます。どうしても今日中にお金が必要といった状況よりも、数日中の間に借りられれば良いといった状況に適していると言えます。

 

気をつけたい郵送物の扱い

来店不要のWeb契約の注意点は他にもあり、契約後の郵送物の扱いには特に気をつけておきたいものです。プロミスのWeb契約で手続きを進めると、契約後の借り入れや返済を行うためのカードが発行されます。カードがあれば限度額内で繰り返し借りられたり、返済をATMで行うなどの便利な使い方ができますが、Web契約時のカードの受け取りは郵送となってしまいます。

 

郵便局留めなどは不可となり、差出人名にはプロミスとは書かれていませんが、「事務センター」からの本人宛に郵送物として届けられます。中身を見られなければ封筒だけではプロミスのカードが入っているとは分からないようにはなっているものの、家族の方に借り入れがばれたくないと考える方は注意が必要です。

 

ネット申し込み後の契約機での手続きであれば、その場でカードを受け取るために後日の郵送物はありません。利用明細もWeb交付に対応をしているため、正常な利用を続けている限りは契約機でカードを受け取れば余計な郵送物無くプロミスの利用ができるようになります。

 

知られたくない場合に優れる契約機

プロミスの契約機を使ったカードの受け取りは、周りに知られたくない方にも適しています。契約コーナーへの出入りを見られないようにすれば、家族の方々にもプロミスでの契約はばれにくく手続きが進められます。

 

一人暮らしの方であればカードの後日の郵送は特には気にならないものですが、同居家族がいる、寮住まいなどといった場合には郵送物の扱いには困ります。知られたくない場合には来店不要のWeb契約と考えられがちですが、実際には分かりにくいプロミスの契約方法となると、契約機を利用した手続きなのです。

 

契約機利用時の持参書類

ネット申し込み後にプロミスの契約機を使った手続きを行う場合には、必要書類をしっかりと持って行くようにしましょう。書類に不備があるとその場での契約ができなくなってしまうので、急ぎの借り入れを希望する際には希望通りに利用ができなくなる可能性があります。

 

必要書類は申し込みの内容や審査の結果によっても変わりますが、プロミスでは50万円までなら免許証だけで借りられるようになっています。他の消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどの利用があり、プロミスとの借り入れ合計が100万円を超える場合にはプロミスでの借り入れが50万円以下でも所得を証明する書類が必要となりますが、他社利用がない方は50万円までは免許証だけでの借り入れも可能です。

 

ただ、審査の結果によっては金額問わずに所得を証明する書類が必要となる場合があります。その際には申し込み後の審査結果連絡時に書類の提出を求める連絡が届くようにもなっているので、ネットでの申し込みであれば契約に必要となる書類をしっかりと確認してから契約機に向かえます。

 

何も知らずに契約機で申し込みをしてしまうと、審査に通過ができたのに必要書類が足りずに契約が行えなかったりといった状況も考えられますが、ネットでの事前の申し込みであれば予め確認ができるために安心です。

 

各地のプロミス店舗・契約機

日本全国に設置がされているプロミスの店舗や契約機に関する情報です。プロミスの店舗や契約コーナーに関する情報は2017年2月3日に確認をしていますが、営業情報は随時変更がされる可能性があります。利用前には必ずプロミス公式サイトで最新情報をご確認ください。

 

北海道地方

 

東北地方

 

関東地方

 

中部地方

 

近畿地方

 

中国地方

 

四国地方

 

九州地方

 

沖縄地方